イベント情報

real m racing project

2006年7月17日、愛知県岡崎市シルバーストーンサーキットにて行われた<リアル Mシャシー レーシング>は、まさにミニシャーシ総決起集会!当日の会場の様子をレポートします。

シルバーストーンピット
総勢で40名近くに及ぶエントリーで満席となったピットテーブル。各メーカー製シャーシから完全自作シャーシ、そして色とりどりのオリジナリティ溢れるボディで壮観でした。会場にはRCワールドとRCマガジンの取材班にシェブロンモデルズとエクセルの方も来てイベントを楽しんでおられました。
シルバーストーンヨタ8トリオ
シルバーストーンサーキットは、グリップ剤の載ったハイグリップ路面。当日は大雨で湿気も高く、皆さんセッテングには苦労していました。ギヤ比を低く設定し、速度こそ出ない物の接近戦に重きを置いたレースはまさに神経の磨り減る戦いでした。

セリカLBターボxジェネティックランチャ1971 ACLOPOLIS RALLY No.8(BiCカラー)
タミヤ・セリカLBターボのプラボディにジェネティックを搭載し電飾も仕込んだマシン。「なんとなく載るんじゃないかなーと思って、マウント部分を自作してやってみました」との事。しかし今では貴重なボディを惜しげもなくレースに出す度胸は凄い!(故に走りは慎重でした)右は1971年当時の資料を集め忠実に作り上げたランチャストラトス!(シャーシはM-04RR)昔にこんなカッコいいマシンが走ってたんですね。自作デカールを裏側から貼り付るという職人技で本当に綺麗に出来てました。

ダットサンストラトスGr5
RCワールド誌のロングタームのコーナーで連載を持っているライター佐藤義弘さんのダットサン510ブルーバード(シャーシはミニファン)。佐藤さんはレース後の景品抽選会でよりによってラジマガのステッカーが当たるという栄誉に輝きました。右はストラトスGr5。ポリカで自作したパーツを組み込んでの大幅なモデファイを施していました。大迫力です。ただしワンクラッシュで大破壊確実な仕様なのでデモンストレーション用なのだそうです。。。

ディノロータスヨーロッパ・512BB
レースの主催者とこや3のマシン。シャーシは自作Mシャーシ<雷電>ボディは左からフェラーリ246ディノ・ロータスヨーロッパ・フェラーリ512BB。ディノは車載カメラを搭載してカメラカーになっています。まさにスーパーカー世代直撃なチョイスと仕上げ!そして走りも速い!

FIAT500
サーキットでの視認性バッチリの派手なトリコロールカラーボディ、そして対照的にシンプルでレトロなテイストのボディ。どちらも1960年から70年代頃の懐かしのレーシングカーの雰囲気が出ていますね。

くそみそレーシング本当はもっと紹介したいマシンや場面等が沢山あるのですが、より詳細なレポートはとこや3のwebサイトにて行われると思います。

とこや3のwebサイト:サロンドバルビエーレ

また当日のレースはDVD化の話もありますので、オッサンパワーが爆発しまくった濃いMシャーシの世界を味わってみたい方は、是非注目してください。

まさに実車そのものの作りこみのマシンとこだわりの自作シャーシ集結し圧倒されっぱなしでした。ABCホビーとしても、この濃さに負けない物を提供していきたく思います。

写真・文章・イラスト:七神ゆうじ


ABCHOBBY

このページへのリンクは
http://www.abchobby.com/abcframe/inframecontents/ivnt/realm/index.html
までお願いします。